So-net無料ブログ作成

「国民安心税」の創設 自民公約盛り込みへ(産経新聞)

 自民党は20日、夏の参院選の公約に、社会福祉目的に特化した「国民安心税」(仮称)の創設を盛り込む方針を固めた。現行の消費税から、今後税率を引き上げた部分を国民安心税にすることで調整している。

 また、就職先が決まらなかった高校・大学の新卒者を2年程度雇った企業に年間100万円を助成する「トライアル雇用制度」の導入も盛り込む方向だ。

【関連記事】
「私もぼやぼやしていられない」と自民・谷垣総裁
鳩山首相、仙谷氏の消費税増税発言「了解せず」
亀井金融相 「消費税は上げません」と断言
仙谷国家戦略担当相 「次期衆院選で消費税アップ掲げる」
「消費税10%へ段階的引き上げ必要」御手洗経団連会長

<南島原市長選>藤原氏が現職ら破り初当選 長崎(毎日新聞)
<坂本龍馬>「いろは丸」ポルトガルから購入 通説覆す購入契約書判明(毎日新聞)
鳩山内閣、政権末期の麻生内閣以下の評価 産経・FNN合同世論調査(産経新聞)
高速料金「値上げ説明つかぬ」=小沢氏(時事通信)
舛添氏「夢と希望あふれる日本を作る」(産経新聞)

<振り込め詐欺>泥はね服汚れた…大阪府警が容疑者逮捕(毎日新聞)

 暴力団関係者を装い、トラックがはねた泥で礼服が汚れたとうそを言って、建築会社から現金をだまし取ったとして、大阪府警は19日、住所不詳、無職、黒木昌男容疑者(65)を詐欺の疑いで逮捕、送検した、と発表した。「何も言いたくない」と認否を留保しているという。昨年10月以降、同様の手口による振り込め詐欺が全国で少なくとも約70件(被害総額約450万円)相次いでおり、関連を調べている。

 逮捕容疑は今年2月1日、仲間数人と共謀し、兵庫県尼崎市の建築会社に「おたくのトラックが通った際、降りようとした乗客の暴力団関係者に泥がかかった。直接、電話してほしい」と、タクシー運転手になりすまして連絡。建築会社の役員の電話に対し「礼服が泥で汚れ、レンタルした。費用を払ってほしい」と言って、7万円を振り込ませた、としている。

 捜査2課によると、被害者はいずれも企業。【生野由佳、松井聡】

【関連ニュース】
振り込め詐欺:泥はね服汚れた…大阪府警が容疑者逮捕
振り込め詐欺:学生が予防ソフト開発 やりとりを疑似体験
振り込め詐欺:70代女性3500万円の被害 福岡
詐欺容疑:警官装い免許証詐取 45歳男逮捕 警視庁
闇サイト:監視強化へ「ネットハンター」新設…警視庁

<児童ポルノ>3少年は元被害者 報酬渡されグループに(毎日新聞)
首相動静(4月18日)(時事通信)
<交通事故死者数>春の全国交通安全運動期間中は96人(毎日新聞)
全国15カ所で制限速度緩和検討(産経新聞)
井上靖の書斎、世田谷から郷里・旭川に移築へ(読売新聞)

がん治療を続け、働くコツを考えるセミナーを5月に開催(医療介護CBニュース)

 がん患者の就労について考えるCSRプロジェクトは5月1日、東京都渋谷区のSPAZIO2で、セミナー「がんと一緒に働こう!〜治療を続けながら働くコツ〜」を開催する。

 CSRプロジェクトは、NPO法人のHOPEプロジェクトとキャンサーネットジャパンによる、がん罹患と就労問題の解決を目指す取り組み。
 セミナーでは、CSRプロジェクトの桜井なおみ代表が「CSRプロジェクトとは」のテーマで、また神戸大大学院経営学研究科の大学院生の瓜生原葉子さんが「働き続けられる社会に向けて」のテーマで、それぞれ基調講演を行う。さらに、財団法人日本対がん協会の関原健夫常務理事が「働き盛りのがん」と題して特別講演を行う。
 このほか、桜井氏が司会を務める「働き世代のがんを考える」をテーマにしたディスカッションのパネリストとして、獨協医科大公衆衛生学講座の高橋都准教授やHOPEプロジェクトの近藤明美理事、クレディセゾン人事部の武田雅子部長らが登壇する。


【関連記事】
「がん相談ホットライン」日曜も実施へ−日本対がん協会
国会議員と患者関係者でがん対策勉強会
患者・医療関係者らが理想とする「がん医療」を考える
がん患者支援、英「マギーズ・センター」に学ぶ
「オレンジバルーン」に込めた緩和ケア普及への思い

福岡の鴻臚館史料一部焼く…放火の可能性(読売新聞)
<新高齢者医療>厚労省試算 被用者保険続行で税負担削減(毎日新聞)
<山崎宇宙飛行士>地球帰還、20日に延期…気象条件悪く(毎日新聞)
ケージ内でテン捕獲=トキ襲撃、同一かは不明−環境省(時事通信)
田辺三菱製薬を業務停止=子会社の試験データ改ざん問題−厚労省(時事通信)

成田発着便も欠航相次ぐ…アイスランド噴火(読売新聞)

 アイスランドの火山噴火の影響で欧州各地の空港が閉鎖されたことで、16日午前の成田空港発の欧州便でも欠航が相次いだ。

 日本航空と全日空は、同日の英、オランダ、独、仏、イタリア行き計8便の欠航を決めたほか、同日中に欧州から成田空港に戻る予定だった到着便計5便もすべて欠航となった。計4400人に影響するという。

 また、海外の航空会社でも、欧州方面に欠航が相次いでいる。

 ロンドン経由でスイスへの観光旅行を予定していた新潟県南魚沼市寺尾、会社役員山田二郎さん(61)は、別ルートで欧州に向かおうと、成田空港で待機していた。「別便が見つからなければ、旅行自体をキャンセルしなくては」と浮かない表情。パリ経由でブラジルに帰国する予定だった日系ブラジル人のイタヤ・トクオさん(65)も別便を待つ予定だが、「仕方ない」とあきらめ顔だった。

原発推進の利点強調=新政権初の原子力白書(時事通信)
弁護側請求の精神鑑定留保=ペルー人被告の差し戻し審開始−小1女児殺害・広島高裁(時事通信)
ビルにガソリンまき放火=2人けが、容疑で61歳男逮捕−警視庁(時事通信)
高齢者の買い物支援で企業の経費を助成―秋田県(医療介護CBニュース)
<日仏首脳会談>EUとの経済連携協定、共同研究を提案(毎日新聞)

ビルにガソリンまき放火=2人けが、容疑で61歳男逮捕−警視庁(時事通信)

 東京都豊島区巣鴨のビル地下1階店舗入り口にガソリンをまいて火を付け、店内にいた男性らを殺害しようとしたとして、警視庁巣鴨署は9日、殺人未遂と現住建造物等放火の疑いで、同区東池袋、無職菊地敏行容疑者(61)を逮捕した。
 同署などによると、店内にいた男性店長(54)と男性従業員(61)がのどにやけどを負った。命に別条はないという。 

【関連ニュース】
きらやか銀と取引=放火の67歳男、動機黙秘
きらやか銀行本店に油まき放火=男を逮捕、行員1人搬送
入院の妻死亡、死者3人に=自営業者宅放火
家族3人殺害、女に無期判決=責任能力認める
「娘の首絞め、火付けた」=放火未遂で母逮捕、殺人も視野

<将棋>清水女流王位・女流王将が秋にコンピューターと対戦(毎日新聞)
元運輸部長2人、再び不起訴=JR西福知山線事故−神戸地検(時事通信)
元社保庁職員無罪に検察上告=機関紙配布の国家公務員法違反(時事通信)
眞子さまがICU入学式ご出席(産経新聞)
かわいい孫には大奮発?入園・入学祝いの平均3万8千円也(産経新聞)

「甲州ワイン」欧州輸出へ=国内初、原料ブドウ登録−山梨県(時事通信)

 山梨県は6日、県内産の「甲州ワイン」の原料である甲州種ブドウが、ワインの国際的審査機関である「ブドウ・ワイン国際機構」(OIV、本部パリ)に品種登録されることが決まったと発表した。日本の固有種ブドウでは初めてで、登録されると甲州ワインのブランド名で欧州連合(EU)加盟国に輸出できるようになる。
 県によると、OIVはワインに関する調査・研究をしているEU指定の国際機関でイタリア、フランスなど世界43カ国が加盟。これまでは、EU側へ輸出するワインに「甲州」の名前を表示できなかった。
 横内正明知事はこの日の記者会見で「非常に将来性があると高い評価を受けた」と、欧州での甲州ワインの人気拡大に期待を寄せていた。 

【関連ニュース】
【Off Time】山梨・甲州市でワインツーリズム体験
【Off Time】香港の旅
〔写真特集〕実りある風景-世界の収穫
四輪バギー、照準はワイン農家=独で販売本格化へ
19歳男子学生、飲酒後死亡=ラグビー部送別会で

中国の死刑執行通告で首相「大変残念だ」(読売新聞)
大丸東京店12階から出火、客は避難(読売新聞)
自転車2台も?線路に投げ込んだ疑い(読売新聞)
<出資法違反>ゲーム開発で100億円集金か 愛知県警捜査(毎日新聞)
車炎上、子供4人死亡=実家前に停車中−北海道(時事通信)

<舞妓>「仕込みさん」通信制高校に入学 京都・五花街で初(毎日新聞)

 京都の五花街の一つ、宮川町に今春から舞妓(まいこ)見習いの「仕込みさん」として加わった15歳の少女2人が、私立京都美山高校インターネット通信制芸能文化コース(京都市上京区)に進学することになり、31日午前、2人だけの入学式に臨んだ。仕込みさんは修業に専念するのが通例で、高校へ進学するのは五花街で初という。着物姿の2人は「頑張って修業と勉強を両立したい」と意気込んでいる。

 大阪府出身の竹中恵利花さん(15)と東京都出身の古村麻貴さん(15)。共に舞妓にあこがれ、宮川町の置屋「たけもと」のホームページを見て応募した。仕込みさんは置屋に住み込み、半年〜1年間、京言葉や芸事を習って舞妓デビューを飾る。勉強を続けるのは難しいのが現状だ。

 しかし、たけもとの女将、竹本里恵さんは「英語や世界史も勉強し、伝統文化の良さを理解できる誇りある芸舞妓になってほしい」と同校へ依頼。書類審査や面接を経て合格が決まった。ビデオ学習やライブ中継授業を受け、5年間で普通科卒業資格を得られるという。

 竹中さんは「花街とは違う世界の人たちに接する事ができるのは魅力」と笑顔をのぞかせた。また、古村さんは「おけいことの両立に不安もあるが、楽しんで勉強に励みたい」と声を弾ませていた。【小川信】

【関連ニュース】
雑記帳:盛岡芸者見習い募集の求人票
雑記帳:あでやかに芸舞妓が豆まき 京都・八坂神社
お吉祭り:下田芸者衆、お吉を慰霊 /静岡
東京スカイツリー:向島芸妓衆が学ぶ 設計者が模型で説明 /東京
下呂温泉:「検番」今月で解散 宴席数減、芸妓置き屋も減少 /岐阜

こいのぼり 春風に300匹 佐賀・嘉瀬川(毎日新聞)
理美容チェーン8800万円所得隠し…国税指摘(読売新聞)
江戸後期の土人形ざくざく、「工場」跡か(読売新聞)
<高木美帆選手>1人の「卒業式」…北海道・札内中(毎日新聞)
<豪華客船>サン・プリンセスを報道陣に公開(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。