So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

発生地への訪問自粛を=口蹄疫防止で呼び掛け―熊本県(時事通信)

 熊本県は14日、宮崎県内で発生している口蹄(こうてい)疫の被害が深刻な状況となっていることを受け、県内への感染を防ぐため、県民に対して口蹄疫の発生地域への訪問自粛など、協力を呼び掛けた。
 県民には、口蹄疫が発生している地域への訪問を可能な限り自粛するよう要請。やむを得ず訪れる場合でも、畜舎や畜産関係施設などには近寄らないように呼び掛ける。
 また県は、すでに設置済みの宮崎県境8カ所の消毒ポイントを1カ所増やし、9カ所にすることを決めた。県庁など県関係の公共施設の出入り口には消毒マットを設置し、県民に対して消毒してもらうよう要請する。 

【関連ニュース
〔写真特集〕口蹄疫 宮崎牛に大きな被害
〔用語解説〕「口蹄疫対策特別措置法」
歩行者用に消毒マット=鹿児島
20日までの完了目指す=未処理3万頭
ワクチン接種は時期尚早=農水省が専門家委を開催

銀座ロレックス盗、無職男2人を逮捕(読売新聞)
普天間移設 「沖縄の理解なくても選定」岡田外相(毎日新聞)
亀井郵政相 辞任を閣議決定…後任は国民新・自見氏で調整(毎日新聞)
国会、あす閉会へ 「逃げ菅」本領発揮 「ダブル選」で野党牽制 (産経新聞)
<恐喝容疑>アート前会長から現金、芸能事務所前社長を逮捕(毎日新聞)

民主・細野氏、首相進退「自身で判断を」(産経新聞)

 民主党の細野豪志副幹事長は30日、NHKの討論番組で、鳩山由紀夫首相の退陣論が党内から出ていることについて、「(鳩山政権は)沖縄問題で重大な局面に立っている。鳩山首相が(普天間移設を)進めるべきか、(首相退陣などの)違う選択があるのか、首相自身の判断に委ねたい」と語った。ただ、「選挙前に表紙を変えて、何事もなかったかのように戦うのは政党のあるべき姿ではない」とも述べた。

【関連記事】
日中韓首脳会談 中国の「曖昧」姿勢は残念
社民連立離脱 基本政策「抜き」のツケだ
安定的政治へ連立体制の再編を
民主党独自の世論調査 参院選、最悪で29議席
ツイッターで民主党参院議員16人のなりすまし出現
iPadが上陸

米大統領と電話会談へ=菅新首相(時事通信)
普天間合意に基づき対応=菅新首相、米大統領と電話会談(時事通信)
議論好き・菅氏、気さくな性格・樽床氏(読売新聞)
郵政法案、衆院通過へ=自民、議長不信任案提出の方針(時事通信)
菅直人氏が樽床氏下し民主新代表に 午後に第94代首相指名へ(産経新聞)

静まる大阪 音楽コンサート“流出” 大ホール閉館・休館で(産経新聞)

 「大阪の音楽の殿堂」といわれた大阪厚生年金会館(大阪市西区)が3月末に閉館して1カ月余り。建物を落札したオリックス不動産が大ホールを改装して平成23年秋に再開する予定だが、大阪市内ではフェスティバルホール(北区)も休館中(25年再開予定)。大ホール確保が困難な状況が続いていることから、コンサートやイベントの“大阪離れ”が問題化している。(安田奈緒美)

 「大阪のような大都市に3000席規模のホールがうちしかないとは…」。厚生年金(2400席)の閉館とフェスティバルホール(2700席)の休館で、利用が飛躍的に伸びているグランキューブ大阪(大阪市北区、2754席)の担当者は、現状を憂う。

 平成19年度に26件だった利用件数は、20年度に47件、21年度は80件に上った。今年度は予約も含めて受け入れ限度の100件近くで、23年度もすでに60件の予約が入っている。「こちらも開館10年でメンテナンスが必要な状況。万が一の場合に代替会場も提案できない状況は異常です」

 再開が決まっている厚生年金の大ホールだが、予約受付開始のめどが今秋以降であるため、混乱は続いている。大阪市内のホールのほか、兵庫県のアルカイックホール(尼崎市)や県立芸術文化センター(西宮市)、なら100年会館(奈良市)などにもポップスコンサートやバレエの公演が移っており、大阪のホール関係者は「コンサートやイベントの大阪離れが現実の問題になっている」と話す。

 そんな中、コンサート企画会社は会場確保に躍起になっている。そのため、まず会場ありきで1年先や2年先まで予約を入れておきながら、実際には期日が迫るとキャンセルしイベントが入らないケースも続出。ホール側は「予約で押さえられてしまうと主催事業の日程も取れなくなるなどの弊害がある」と困惑顔だ。

 特殊な公演にも深刻な影響が出ている。これまで大ホールはバレエやオペラの公演にも対応できるよう、客席よりも低い場所にオーケストラピットを持っていた。法村友井バレエ団は「団の本拠地である大阪市内で、オーケストラピットがあって客席数のあるホールを確保できていない。再開される大阪厚生年金会館にはぜひピットを残してほしい」と期待を寄せる。

 オリックス不動産では現在、ピット問題のほかに、音響施設の更新なども検討中といい、「今夏までに改装の内容を発表したい」としている。

【関連記事】
さらば“ナニワの歌の殿堂” 大阪厚生年金会館が今月で幕
あの「私のしごと館」、閉館後は商業施設に? 4案に可能性
大型ホール不足 「大阪公演」が消える? 
松山千春しみじみ 厚生年金ラストライブ
松山千春、小泉政権を批判「バカな政治家ばかり」

妻から病腎移植の男性死亡 宇和島徳洲会病院で3月手術(産経新聞)
社民、普天間対処方針に了承せず 福島氏「明確に反対」(産経新聞)
局部長にも専門スタッフ職=国家公務員の退職管理方針−総務省案(時事通信)
エア・ドゥ機 主翼の部品脱落(産経新聞)
資格試験の二段階化を=公認会計士協(時事通信)

マグロ競り見学再開=築地市場で外国人観光客ら−東京(時事通信)

 東京都の築地市場(中央区)にあるマグロ卸売場での競りの見学が10日から再開された。1日当たり140人の入場制限付きで、見学に訪れたのはほとんどが外国人。午前4時半の受け付け開始から45分で制限人数に達し、15人が見学できなかったが混乱はなかった。
 観光で初めて築地市場を訪れたという米国人女性(26)は「大きな魚を見られて楽しかった。こんなところはほかにない」と満足そうな様子。入場制限で見学できなかったオーストラリア人男性(63)は「残念だがまた来たい」と話していた。 

「リストラされ…いざこざ」45歳男、義父絞殺(読売新聞)
別れさせ屋と元夫を提訴 殺害された女性遺族(産経新聞)
乳児遺棄で母親逮捕=埼玉県警(時事通信)
費用対効果、ナトリウム管理、実用まで40年…もんじゅ課題山積(産経新聞)
<ジェットスキー事故>3人心肺停止、女性1人不明 利根川(毎日新聞)

「国民安心税」の創設 自民公約盛り込みへ(産経新聞)

<振り込め詐欺>泥はね服汚れた…大阪府警が容疑者逮捕(毎日新聞)

 暴力団関係者を装い、トラックがはねた泥で礼服が汚れたとうそを言って、建築会社から現金をだまし取ったとして、大阪府警は19日、住所不詳、無職、黒木昌男容疑者(65)を詐欺の疑いで逮捕、送検した、と発表した。「何も言いたくない」と認否を留保しているという。昨年10月以降、同様の手口による振り込め詐欺が全国で少なくとも約70件(被害総額約450万円)相次いでおり、関連を調べている。

 逮捕容疑は今年2月1日、仲間数人と共謀し、兵庫県尼崎市の建築会社に「おたくのトラックが通った際、降りようとした乗客の暴力団関係者に泥がかかった。直接、電話してほしい」と、タクシー運転手になりすまして連絡。建築会社の役員の電話に対し「礼服が泥で汚れ、レンタルした。費用を払ってほしい」と言って、7万円を振り込ませた、としている。

 捜査2課によると、被害者はいずれも企業。【生野由佳、松井聡】

【関連ニュース
振り込め詐欺:泥はね服汚れた…大阪府警が容疑者逮捕
振り込め詐欺:学生が予防ソフト開発 やりとりを疑似体験
振り込め詐欺:70代女性3500万円の被害 福岡
詐欺容疑:警官装い免許証詐取 45歳男逮捕 警視庁
闇サイト:監視強化へ「ネットハンター」新設…警視庁

<児童ポルノ>3少年は元被害者 報酬渡されグループに(毎日新聞)
首相動静(4月18日)(時事通信)
<交通事故死者数>春の全国交通安全運動期間中は96人(毎日新聞)
全国15カ所で制限速度緩和検討(産経新聞)
井上靖の書斎、世田谷から郷里・旭川に移築へ(読売新聞)

がん治療を続け、働くコツを考えるセミナーを5月に開催(医療介護CBニュース)

 がん患者の就労について考えるCSRプロジェクトは5月1日、東京渋谷区のSPAZIO2で、セミナー「がんと一緒に働こう!〜治療を続けながら働くコツ〜」を開催する。

 CSRプロジェクトは、NPO法人のHOPEプロジェクトとキャンサーネットジャパンによる、がん罹患と就労問題の解決を目指す取り組み。
 セミナーでは、CSRプロジェクトの桜井なおみ代表が「CSRプロジェクトとは」のテーマで、また神戸大大学院経営学研究科の大学院生の瓜生原葉子さんが「働き続けられる社会に向けて」のテーマで、それぞれ基調講演を行う。さらに、財団法人日本対がん協会の関原健夫常務理事が「働き盛りのがん」と題して特別講演を行う。
 このほか、桜井氏が司会を務める「働き世代のがんを考える」をテーマにしたディスカッションのパネリストとして、獨協医科大公衆衛生学講座の高橋都准教授やHOPEプロジェクトの近藤明美理事、クレディセゾン人事部の武田雅子部長らが登壇する。


【関連記事】
「がん相談ホットライン」日曜も実施へ−日本対がん協会
国会議員と患者関係者でがん対策勉強会
患者・医療関係者らが理想とする「がん医療」を考える
がん患者支援、英「マギーズ・センター」に学ぶ
「オレンジバルーン」に込めた緩和ケア普及への思い

福岡の鴻臚館史料一部焼く…放火の可能性(読売新聞)
<新高齢者医療>厚労省試算 被用者保険続行で税負担削減(毎日新聞)
<山崎宇宙飛行士>地球帰還、20日に延期…気象条件悪く(毎日新聞)
ケージ内でテン捕獲=トキ襲撃、同一かは不明−環境省(時事通信)
田辺三菱製薬を業務停止=子会社の試験データ改ざん問題−厚労省(時事通信)

成田発着便も欠航相次ぐ…アイスランド噴火(読売新聞)

 アイスランドの火山噴火の影響で欧州各地の空港が閉鎖されたことで、16日午前の成田空港発の欧州便でも欠航が相次いだ。

 日本航空と全日空は、同日の英、オランダ、独、仏、イタリア行き計8便の欠航を決めたほか、同日中に欧州から成田空港に戻る予定だった到着便計5便もすべて欠航となった。計4400人に影響するという。

 また、海外の航空会社でも、欧州方面に欠航が相次いでいる。

 ロンドン経由でスイスへの観光旅行を予定していた新潟県南魚沼市寺尾、会社役員山田二郎さん(61)は、別ルートで欧州に向かおうと、成田空港で待機していた。「別便が見つからなければ、旅行自体をキャンセルしなくては」と浮かない表情。パリ経由でブラジルに帰国する予定だった日系ブラジル人のイタヤ・トクオさん(65)も別便を待つ予定だが、「仕方ない」とあきらめ顔だった。

原発推進の利点強調=新政権初の原子力白書(時事通信)
弁護側請求の精神鑑定留保=ペルー人被告の差し戻し審開始−小1女児殺害・広島高裁(時事通信)
ビルにガソリンまき放火=2人けが、容疑で61歳男逮捕−警視庁(時事通信)
高齢者の買い物支援で企業の経費を助成―秋田県(医療介護CBニュース)
<日仏首脳会談>EUとの経済連携協定、共同研究を提案(毎日新聞)

ビルにガソリンまき放火=2人けが、容疑で61歳男逮捕−警視庁(時事通信)

前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。